登山

白樺国際スキー場頂上〜7合目〜蓼科山
2011年 12月 7日(6時間30分 ) 晴れ 時々曇り  3名

うっすら雪が積もった蓼科山山麓から、登りはじめます
本格的な冬シーズンにスノーシューで歩けるか、様子見です
 

御泉水自然園の駐車場に車を置き、自然園の中を突っ切って7合目に向かいます
歩いて15分ほどで、白樺国際スキー場のゴンドラのてっぺんあたりに着きます
ここから迂回し、7合目に向かいます
10分ほどで7合目入り口に着きました
積雪は10センチ足らずなので、登山靴だけで歩き始めます
ここから標高差は600Mほどでしょうか
雪の状態がわからないので、余裕をもって歩き始めます
1時間ほど歩きました、少しづつ斜度がきつくなってきます
大雨のせいか以前に比べてこのあたりは、倒木が多くなってるようです
雪の量が増えてきたので、半ば程でアイゼンをつけました
”おこじょ”の穴かな〜?それとも”てん”かな?
アイゼンがしっかり噛むように、雪の多い箇所を選びます
気温も下がってきたので、重ね着はじめました
蓼科山荘の分岐点まできました
すでに2時間経ちました、正面の山が蓼科山です
あと40分くらいかな〜?
雲が晴れて、浅間山から美ヶ原方面の山並みが見えてきました
細い枝や、小さな葉までびっしりと粉雪がついています
雪の結晶まで見えます
真っ白い珊瑚礁のような木々が、一面に広がります
八ヶ岳や南アルプスのシルエットが見えてきました
蓼科山頂上に着きました
慎重に歩いたので、約3時間かかりました
別のルートで一人分の足跡がありました
今日の先客は一人だけのようで
した
広い岩場で、記念撮影です
気温は頂上でマイナス10度ほどだったでしょうか?
でも珍しく風がないので、のんびり景色を楽しめました
冬季閉鎖の蓼科山頂ヒュッテのテラスを借りて、恒例のランチたっぷり1時間〜♪
岩場が半分見える程度なので、アイゼンが滑らないように慎重に下山しました
この時期ならではの真っ白い木々に囲まれた登山でした
最初の登りは薄着で、次第に重ね着をしていくよう、寒さ対策をしました

スノーシューで歩くには、斜度がちょっときついコースですね