霧ヶ峰の野鳥と高山植物

7月17日

 

小さい写真は大きくなります

野鳥の講習会の大先生です♪鳥を見つけると瞬時にカメラを合わせる”早わざ”は脱帽です
野鳥への好奇心を失わない楽しい先生です
今回は高山の草原にいる野鳥と言うことで、種類は少なめですが
見晴らしはいいので見つけやすいという事ですが、今回はどうでしょう?
先生は花も大好きで、素早く見つけてくれます
ヒヨドリソウ、アザミ、アサマフウロ、ウツボグサなどです
2000メートル近いと、色も鮮やかです
小さな林が近くにあると、子育てしたり、隠れ場所にできるので
霧ヶ峰は理想的な地形だそうです
コウゾリナや、ヒメシャジンの花も咲いていました
霧ヶ峰のスキー場近くです
週末はグライダーが滑空する場所ですが、八ヶ岳と富士山と南アルプスが展望できるいい場所です
ついつい鐘を鳴らしたくなってしまいます、近くいるとうるさいけれど、
少し離れると遠くまで響いて気持ちよ〜く聞こえるんです
このあたりの草原にはノビタキの飛ぶ姿がよく見れるそうですが、
午後近くのせいか?少なめでした
みなそれぞれ本を持って、実際の鳥と見比べます
ノビタキとヒバリとホオアカなどは見れましたが、先生の期待するほどは会えなかったみたいです
でも草原ハイキングに来たようで、景色を眺めるだけでもいい日でした
道沿いの小さな地面からでもホタルブクロやジャコウソウがいたるところに咲いていました
車で通ると、見えない小さな花たちです
車山高原まで戻ってきました
せっかくなので、車山肩の駐車場に停めて、満開のニッコウキスゲの中を少し歩きました
7月中旬なのに、もう真夏のような日差しです
今日は 28度くらいでしょうか!紫外線も強いので、日焼け止めと帽子は必需品です
青空と緑の植物たちと色とりどりの花たちからエネルギーをもらえる季節です
一汗かいても涼しい風で、疲れも吹き飛ぶようです