高知市内歩きです

12月 1日

 

小さい写真は大きくなります

市内の真ん中にあるはりまや橋です
昨日もここを通りましたが、十字路にあるのでいい目印です
やなせたかしさんのアンパンマンや仲間達が、道のあちこちに建っています
高知駅にもアンパンマンショップがあり、かわいいアンパンマン車両もありました
市内の中心には、路面電車の”とさでん”が走っています
一日券を買ってとさでんに乗りながら、
今日は龍馬の足跡を少し巡ります
まずは龍馬の生まれた町記念館に寄り、町歩きの90分のガイドを頼みました
話好きのガイドさん♪まだまだ話し足りない様子でしたが、
しっかり120分も案内してくれました
龍馬誕生碑や、剣術修業をした場所や、亀山社中のメンバーだった近藤長次郎邸跡や、
女性ばかりが社員という龍馬郵便局などなどを案内してもらいました
記念館に戻り、住居の再現や家族の様子などを見ました
乙女ねぇやんが176センチもあったとは、びっくりです
とさでんに乗って、高知城に行きました
石垣の上に天守閣がそびえています
階段を上がった先に、板垣退助の銅像や、山内一豊の妻の銅像があります
天守の上から町を眺めました、内部も昔のまま残されています 
そして本丸御殿や、多聞や黒鉄門など本丸の全部が残っているのは高知城だけだそうです
石垣は野ずら積みという方法だそうで、大小の石がすき間なく丈夫に作られています
追手門を出て、山内一豊像をみて、となりにある高知城歴史博物館に寄りました
上は、龍馬の手紙です、おおらかな人柄に思えます
下は、博物館から見える高知城と、土佐藩主になりきる2人〜
アーケード街近くの小さなお店で、地元の人に人気の定食を食べました
元気の出る味でした
高知駅に行き、NHK大河ドラマのセットや
見上げるような中岡慎太郎、武市半平太の像を見ました
高知市内を歩いて、さぁこれから桂浜に向かおうとコインパーキングに行くと、
何故か不具合で車が出せない〜電話をして解除してもらうのに1時間近く待たされました
パーキングでハラハラ&イライラ待たされて、桂浜に着きました
龍馬の銅像を見た途端、ちっぽけな事で文句言うながやって言われた気がしました
気持ちのいい浜です、今日の波が穏やかだからかな?
高知市内は海沿いという気がしなかったけれど、
ここは地平の果てに行ってみたいという気持ちが分かるような気がします
去りがたく、いつまでも砂浜で遊んでしまいました
日が沈むのもあとわずか、次の場所は遠いのだ〜
夕日が沈むのを見ながら海岸線をしばらく走り、足摺岬に向かいます
足摺岬までは暗い山道もあり、少し遅くなり、お腹ペコペコになりました
温泉に入った後、夜空を見に外に出て寝転んだら、たくさんの星空でした