鎌倉散歩

4月18日

 

小さい写真は大きくなります

友人のお見舞いも兼ねて、久し振りに海を見に行きました
圏央道が茅ヶ崎まで伸びて、歩絵夢からナント3時間で茅ヶ崎まで行けま〜す
海辺沿いを走っていたら、江ノ電が見えました、
こんなにキレイになったの・・・?(その後、おなじみの緑色の車両も走っておりました)
午前中は友人とおしゃべりして、午後から鎌倉に向かいました
ん十年ぶりの鎌倉です、先ずは鎌倉大仏さんにごあいさつしました
長谷駅までの通りも少し歩きました、外国人の方の多い事!
次の日は北鎌倉に行きました
朝一番に鎌倉五山2番目の円覚寺に行きます
境内が線路を挟んでいます
総門をくぐり、大きな山門に出迎えてもらいました
唐門の表から見ても裏からも!すごい迫力の立体的な彫りものです
江戸時代に祀られたやさしい風情の33体の観音様と、八重桜と、私達!?
仏殿の三爪の龍の天井画を見たり、
こちらは妙香池と呼ばれるそうで、庭を渡る風を思い切り吸い込みます
境内は広いのにどの道も清掃されていて、こちらまで爽やかになります
気持ちがゆったりとして、1時間30分もぶらぶら散歩してきました
次は、鎌倉古刹1番目の建長寺に行きました
両脇の色とりどりのボタンの花が出迎えてくれました
こちらも威圧感たっぷりの二重門です
木肌のたくましい古木にも出会いました
仏殿には地蔵菩薩坐像で禅寺では珍しいようです、包み込むように柔和なお顔でした
法堂には千手観音が安置され、龍の天井画も濃淡が見事でした
建長寺も境内が奥の方まであり、お目当ての場所は20分歩かなければなりません
ほとんどの観光客はいず、外国人ばかりでした
少しずつ上り坂をいき、半僧坊という鎮守所に着きました
十数体の天狗像が一斉にこちらを向いているようでした
境内から由比ヶ浜の海が見えました
緑深い山に囲まれているんだなぁと感じます
ここでも1時間30分しっかり散策してきました
竹林のあるお寺にも行きたかったのですが、そろそろ時間も少なくなり
最後にあまり歩かなくてよさそうな!?佐助稲荷神社に行く事にしました
閑静な住宅街にある道を行くと、庭にリスがいました
建長寺でも見ましたが、本当にリスが多いんですね〜歩絵夢と一緒です
朱塗りの鳥居が続く参道と、岩肌を伝う水源があり、
苔むした稲荷が点在する古来からの神社でした
山に住んでると、夕ご飯はやっぱり海産物だし、
しらすがちょうど解禁だそうで、朝食にもセルフでたっぷりのしらす丼を作って食べました
3人分はあるでっかいパフェと、ライオンのカフェア−トも楽しんできました


続く海岸線の先に、山に囲まれて趣のある古刹がいくつもある
歴史を刻んで、ますます洗練された町だなぁと
鎌倉の魅力を再発見した旅でした
まだまだ見たい所たくさん、近くなったので、また行くぞ〜♪