七年に一度の御柱祭

4月3日&4日

 

小さい写真は大きくなります

とうとう御柱祭が始まり、4月2、3、4日の3日間上社の山曳きがあります
8本の柱が本番を待つ綱置き場に、前日見に行きました(見物人もたくさん!)
氏子の人たちも、楽しみと緊張の面持ちになっています
前宮三の綱置き場に友人を発見!さっそく法被を着て本番気分で〜す
4月3日の2日目に、木落とし近くの曳行を見に来ました
木遣り隊(御柱を動かすために木遣り歌を歌う人)の人たちも気合十分です
ちょうど本宮三の御柱がやってきました
氏子たちのそろいの法被がきれいです
沿道ではたくさんの見物人の前で木遣り歌などが披露されます
さぁ木落とし坂に来ました
”本宮三”の地区の女性陣の踊りや、太鼓など出し物で盛り上げます
御柱が沢山の綱にひかれて、ゆっくり坂にせり出して来ます
木落とし坂の下にもたくさんの見物人がいます
その周囲にも櫓が立っていて、何百人もの人たちが木落としを見守っています
さぁ準備がほぼ整ったみたいです、メドデコにも20人ぐらいが乗っています
御柱の一番前に乗る華のりの氏子も緊張しています
全員そろっての氏子の挨拶があり、地元の誇りをかけて木落としが始まります
後ろに張った綱を切った途端、御柱が勢いよく落ちました
土ぼこりをあげて唸るように大木が落ちてきます
メドデコに乗っている氏子たちも必死につかまりながらも
オンベを振って、気勢をあげます
綱をはった氏子たちの連携も素晴らしく、きれいな木落としを見る事が出来ました
三日目の4月4日には、川越しを見に行きました
最後の柱、”前宮四”の柱です
御柱の左右のバランスを取る為の綱が、何本か先に川に入ります
八ヶ岳の雪解け水です、みな気合を入れて水に浸かって本番を待ちます
川越しが始まりました、みんなで力を合わせて引っ張ります
メドデコに乗る氏子や、無事に川越しを済ませた氏子さん達の
それぞれがみな晴れやかな顔ばかりでした

5月3、4、5日に上社で5月14、15、16日には下社で里曳きがあります
7年に一度の大祭です、無事に終る事を願っています

山曳きが無事に終わった次の日に、たまたま行った井戸尻考古館に、
秋の小宮に向けての御柱が飾られていました 
大きさは半分くらいでしたが、
自分がメドデコの上に乗る握力もないことに、ガックリしてしまいました
(氏子さん達の筋力は、ハンパじゃないな〜)
でもカラ威張りで両手を挙げております〜、ヨイサ〜♪