地獄谷のおサルさん&千曲巡り

12月9日

朝から何度も!ホテルの窓から見える北信の山々を見渡しました
後ろ一列に右から、斑尾、妙高、黒姫、戸隠があり、
左端に雪をかぶった飯綱山が見えます
民家の木々も雪囲いをしています、蓼科より雪が多いんだなぁ
朝風呂に入り、散歩をして、心づくしの朝食を食べて、コーヒーを飲んでいざ出発〜
湯田中温泉から渋温泉街を通り抜けました
ちょっと車を止めて、風情のある旅館街を見渡しました
派手な木組みの旅館です、”千と千尋の神隠し”のモデルとも言われてるそうです
車で10分くらいで野猿公苑入口です
ここから山道を25分せっせと歩きます
平日だけど観光バスもとまってるし、外国人も半分くらいいて
みな期待いっぱいに歩きま〜す
間欠泉みたいに蒸気が上がってる先に、
サルのための岩の露天風呂があります
野猿公苑に入ると、岩の上や橋にサルが当たり前のように通りすぎていきます
服にさっと触れたり、足を踏んだりと、
人間の方がビックリしてしまいます
監視のおじさんが川べりでエサをまき始めました、遠くからも一斉に集まります
川べりには沢山の親子連れがいました、ちょっとビビリながら近づきます
子ザルも器用に背中に乗ったり、石の間のエサに手を伸ばしています
あちこちで毛づくろいし合う様子も見られました
でも温泉に入るサル達がほとんどいな〜いんです!なんで!?
それは、ただ今発情期らしく、オス同士が牽制し合って、温泉で”まったり”という
状況じゃないだそう・・・12月中旬ころには平和が戻り!?
仲良く温泉に入るだろうという話を聞きました・・・サル社会もいろんな時期があるんですね
おサルさん達と別れ、今度は高速に乗って、千曲市の方に向かいます
途中、姨捨SAに寄り、信州みそラーメンや、栗やあんずのそばクレープを食べました
千曲市の姨捨地区にある棚田を見に来ました
左の方が”姨捨の棚田”で、下には”四十八枚田”があります
眺めがいいというお寺さんの脇を通ります
小高い山の斜面に段々畑が広がります、畦に座って仕事の疲れを癒したのかな?
下の方は千曲川が流れ、善光寺平が遠くまで広がっています
田植えや稲穂が実る頃にまた来てみたいな〜
姨捨観光会館の駐車場にこんな看板が!
あたしたち”ここ”に置いてかれるの〜??
姨捨の棚田のすぐ下の方に”四十八枚田”地区があります
”田毎の月”とも呼ばれます、猫の額程の小さな田んぼが、幾重にも集まっています
田んぼをどれだけ大切にしていたか、健気さを感じます
姨捨地区から北に10分ほど行くと、北国街道の宿場町だった稲荷山があります
本陣などの建物もないのですが、”蔵し館”という商家が残っていて
小さなくぐり戸を開けて、部屋を見せてもらいました
蔵道などがところどころ残っていました
お寺の脇など歩き、友人と別れ、更埴ICから家路に着きました


2日間北信濃の温泉とおしゃべりと景色を楽しみました
地元の 人達のあたたかさと、なつかしさを充分味わえる旅でした