鳴石と御座石巡り
(女神湖と白樺湖)
 

10月8日

女神湖に立ち寄りました、蓼科山が悠然と見えてます
白樺湖と違って静かな佇まいです
女神湖周辺はその昔、峠越えのため
神聖なる蓼科山に勾玉(まがたま)を作って奉納したそうです
なるほどこのあたりは浅間山も望め、正面には堂々とした蓼科山があり
神が宿る雰囲気があります
古道であるこの峠道にはいくつかの塚があり、祭祀なども行われたようです
今は一帯が蓼科牧場になっており、馬も放牧されています
蓼科第2牧場の売店裏に鳴石があります、100メートルほどです
大きなカメがうずくまってるような・・・丸みのあるやさしい形です
雨が降ると音が鳴るこの大岩を、この場所まで運んできたようです、どうやって?
今よりずっ〜と石に対する信仰が深かったんでしょうね
こちらは、白樺湖にある御座岩です
信州攻略の途中に寄ったこの見晴らしの岩で、休憩や作戦を練ったのでしょうか?
白樺湖がまだ水をたたえてなかった頃は、もっと岩が多くあって
修験者達が修行してたそうです、信仰の対象にしていたんですね〜

女神湖も白樺湖も観光地とだけでなく、歴史を感じながら見てみると
違ったおもしろさも味わえるかもしれません