高遠の桜  4月 19日

高遠城址であった小高い丘全体が天然記念物に指定されている
”タカトウコヒガンザクラ”で埋め尽くされている名所です

その後、勝間薬師堂のしだれ桜(車で5分ほど)と
中曽根のエドヒガン(車で20分ほど)を見て、桜づくしの一日を過ごしました

城址の周辺にたくさん駐車場がありますが、土日はすぐに一杯です
今日は平日で、なんとか北ゲートの駐車場を確保しましたが、シャトルバスの利用も一考です
 
北ゲートを入ってすぐに堂々とした高遠閣があります
太鼓櫓と桜
問屋門には、戦国時代に信長軍と戦った跡などもありました
橋の下にも歩道があり、のんびり寛ぐ人たちも
歌碑もちらほらと・・・
真ん中の二の丸跡周辺は、露店が並びます
樹齢130年ほどの老木があちこちに見られます
 
高遠美術館と歴史博物館もあります
歴史博物館に寄り、絵島囲み屋敷も見てきました

あっという間の3時間でした
高遠城址から歩いて20分、車で5分ほどの小高い丘に
樹齢130年のしだれ桜があります
高遠城址からもこの高くてりっぱな桜が見えていました
お寺は廃寺になったそうですが、かわりに桜が守ってくれているようです
真下から見上げると、花びらのカーテンのようです
写真の真ん中の小高い一帯がピンク色に染まっているのが、高遠城址です
その後、車で20分程の所にある、南箕輪町にある中曽根のエドヒガン(権現桜)と親しまれる
樹齢1000年ほどの桜を見てきました 桜の色が左右違います
まだまだ威厳もあり元気な様子でした
1本でも十分の見ごたえです