蓼科山
2018年 11月 21日 5
時間 晴れ  2名

冬に向けてR299号線が通行止めになったので (そうとは知らず)、茶臼山を変更し
蓼科山に登るべく、登山口7合目に着きました〜
神社の鳥居をくぐり、歩き始めたら足元がザクザクなります
霜柱が地面から生えていました!?
20分くらいは静かな林の中を歩きます
少し開けて白樺林になりました
そのうちに、倒木とガレ場の道になります
50分ほどで将軍平に着きました、この小屋もすでに冬眠始めたようで
窓にはしっかり板が打ちつけられています
ここから30分ほど、急な登りが始まります
それぞれマイペースに、休み休み進みます
後ろを振り返ると、浅間山などと足元の方に女神湖も見えます
高くまで登ったぞという気分になっちゃいます
岩をひとつひとつ踏みしめて〜、木々が低く小さくなりました
森林限界が近づいてきたころ、山頂の小屋が見えました〜到着で〜す!
八ヶ岳が目の前に広がります、その右手には南アルプスです
景色を見た途端、疲れが吹っ飛びます
山頂は広々としていて、大きくぐるりと回れば360度の眺望です
貸切りで〜す
山小屋方面は、群馬県側です
浅間山や荒船山や、赤城、榛名山などが見渡せます
登った直後は気持ちよかったのに、すぐに寒くなってきました
素手だといられないし、風もあるし、−5度くらいかな?
お腹もすいたので、いそいそと将軍平まで下ります
風をよけて、スープを飲みながらおにぎりです
何日か後には、山はきっと白くなっているんだろうな〜