天狗岳(2646m)
2016年 7月 7日8
時間30分 休憩1時間込み 晴れ 時々曇り 3名

今日は北八ヶ岳の天狗岳に登ります
唐沢鉱泉の前に、広くなった駐車場と簡易トイレができていました
西尾根に沿って、先ずは西天狗岳に向かいます
50分ほどで西尾根に着きました、林の中を歩くので風がなく、もう汗びっしょりです
まわりは苔の森です、白樺の木肌にもアクセントがついていました
西尾根を1時間ほど歩くと第1展望台に着く予定です
しばらくは苔の森を歩きます
第1展望台から見晴らしが良くなりました
第2展望台を過ぎてから斜度がキツくなり、ペースダウンです
この岩を登り切った所が西天狗頂上ですが、休み休み向かいます
いつの間にか元気になった人は、余裕で先に行ってしまいました〜
後ろに、歩いてきた西尾根が見えています
あと一息だぞ〜
下に茅野の町が見えています、遠くに諏訪湖も見えました
到着です、先に着いた2人はすっかりくつろいでおりました
向こうの尾根が東天狗で、団体さんが大勢立っているのが見えました
こちらは3組ほどです、汗をかいたシャツを着替えたらすっきりしました
八ヶ岳の硫黄や横岳や赤岳を見ながらお昼ご飯です、ゼイタクだ〜
さぁ満腹のお腹を抱えて、向こうの東天狗に向かいます、20分くらいです
天狗岳の醍醐味です、このパノラマはとてもお伝えできません〜
東天狗は、いつの間にか団体さんは下山して、1組がいるだけでした
たまに3人一緒に撮ってもらいました
さて、帰りは黒百合平経由で、大回りをして唐沢鉱泉まで行きます
今度は正面に蓼科山を見ながら下ります
岩の上の小さなケルンに斑の鳥がいました
しばらく停まっていたから、カメラに収めております(ピントが合わずボケておりましたが・・)
薄桃色が入ったシャクナゲやコケモモ、白い花のオサバグサ、ゴゼンタチバナ、
イワツメクサや、黄色のイワベンケイ、ミヤマダイコンソウなどが咲いていました
随分下りてきて、やっと”天狗の奥庭”に着きました
濃い緑の森の下に黒百合ヒュッテがあるはずですが、なかなか姿が見えません
予定より30分もオーバーして、やっとヒュッテが見つかりました
前回よりも遠く感じたのは、大回りしたせいか〜?年取ったせいか〜!?
黒百合ヒュッテでトイレを借りたり休憩して、林の道を歩き始めました
石が濡れていたり、木の根が張ったりしているので油断は禁物です
長く、しかも変化のない下り道を1時間50分下り続けます
変化がないと時間が長〜く感じられます、だんだん口数も減ってきて・・・
飽きてしまってブツブツ言ってると、ようやく唐沢鉱泉に着きました
鉱泉の源泉脇を通ります、20メートル四方くらいにきれいなブルーとグリーンの
箱庭ができていて、いつも見とれてしまいます、ちょっとだけ癒されたかな

駐車場付近に、何百ものアブの軍団がいて、まとわりつかれました
チクッと刺されたくらいでしたが、異常発生か??初めての出来事です
久し振りに8時間近く歩きました、夏本番前の体力作りになったかな〜