蓼科山(2530m)
2015年 10月 20日6
時間30分 休憩1時間30分込み 晴れ 10名

今回は大河原峠から登るコースにしました
誰かが小さく”蓼科山に登りたいなぁ”とつぶやいたので、簡単に蓼科山登山にしました!
昨日と同じ7人のうち2人は、大河原から双子山に登るコースにしました
澄み切った青空です、入念に準備体操もしました
二手に分かれて、それぞれ頑張ろうね〜と言い合い出発です
昨日の入笠山登山の3倍くらいの標高差と時間を目標に、登り始めます
ヒンヤリしていて歩いても汗が流れない気温です、10度くらいかな
初めはゆるやかな登りです
クマザサの青さが広がる 登山道です、初めての人も入っておりまする
まっ、何とかなるさの心意気で!
時々平坦な道に出ます
こんな道がちょっとあるだけで、心が楽になりま〜す
1時間40分くらいで、前掛山にも向かう赤谷の分岐に着きました
体も充分あったまってきました
正面に蓼科山が見えてきました 、少し下って将軍平まで20分くらい
立ち枯れの木々の間に、八ヶ岳が見えてきました
標高がどんどん上がってるのを実感します
どこから見ても八ヶ岳を見るとうれしいし、ホッとします〜
雪や風に遭い、クルリとねじ曲がったシラカバに感心します
山地図には30分と書いている、胸突き八丁の登り坂です・・・
我々は1時間とみて、粘り強く登るのみ!
一歩一歩足を上げるにも気合を入れて
みなで声を掛け合って、手にも力を込めます
背後には前掛山と、遠く浅間山などが見えていて、高さを感じます
時間はかかりましたが、とうとう蓼科山頂ヒュッテが見えました、
やったね〜、バンザイで〜す
特にこの二人♪ダンナさんは、2回目の登頂です
今回は相棒と登頂出来て、感極まって笑顔はじけておりまする〜
負けずに我々もポーズを決めちゃいま〜す
さて、蓼科山は見渡すようなこの広さです、中央あたりに神社があります
100mほども岩の上を歩かなければ、向こうの景色は見えません
向こうの景色を見に行きました、西方には白樺湖や車山、美ヶ原などが望めます
南方には八ヶ岳や、南アルプスなどが望めます
ひとしきり山頂の景色を堪能した後は、ヒュッテのテーブルをお借りして(有料)
あったかい豚汁とおにぎりと食後のコーヒーでお腹満腹〜、
心も満腹になったところで下山です
よくぞ登ったこの道を、今度は慎重に降ります
二手に分かれた2人は、双子山から双子池まで行ってきたそうです
全員体力以上に頑張った一日でした