御嶽山(3067m)
2014年 9月 19日6
時間30分 休憩1時間 晴れ  3名

自分達が登った8日後に、この山が噴火することなど思いもしませんでした サイトには 火山性地震があると書いてありましたが、登山を自制する内容ではありませんでした
山容は威風堂々として、変化に富み、信仰の山独特の雰囲気があります 
その同じ景色を楽しみながら登られたことを思うと、今でも信じられない思いです 
ご冥福を祈るばかりですが、ためらいつつもこの山の素晴らしさを紹介したいと思います
夕日が御岳に沈むのを遠くから見ていて、以前からずっと登りたいと思っていました、
歩絵夢を5時に出発し、2時間30分で到着しました
あまりの青空に!最初からテンションは上がりっぱなし
田の原の駐車場は広く、ナント公共トイレのドアが自動でした
七合目(2180m)からの出発です、標高差は800mです
すぐに大黒天につきます、幅の広い整備された道が600mくらい続き、まさに参道という感じです
500mほどで大江大権現があり、またまた参拝しました
ここから先は道幅が狭くなり、登山道らしくなります
ここは崩れて赤土が見えているところで、あかっぱげというところです
駐車場からだいぶ登ってきたぞ〜(オーナーは前日も登山して筋肉痛ナンデス〜)
1時間ほどで八合目に着きました、空もどんどん近くなってきた感じ
お菓子をいろいろリュックに入れて・・・駄菓子のよっちゃん(酢イカ)が
予想以上に美味くてビックリ、今度から常備菓子だね
八合目近くの金剛童子というところです
いろんな神様がおりました、顔の表情がリアル〜
ハイマツのジュウタンが広がってます
富士見石というところにリンドウ、中央アルプスの間に富士山が見え始めました
九合目に着いた途端、急登が見えて・・・よしっ、気合の入れなおしです
大きな岩山が突き出ているあたりから、硫黄臭もしてきました
もうすぐで王滝頂上です、白い山小屋を目印にあと一踏ん張り〜
王滝頂上にある奥の院です、ここの狛犬の表情がかわいい
一息ついて、500mほどの八丁だるみを行くと頂上です
最後に82段の階段が待っていました〜、 みんなの足はガクガク〜
こちらの方は始めての3000m級登山で〜す♪
こちらの方は、自画自賛の写真を撮っております
噴火口と二の池が見えます
大小いくつもの爆裂口が見えました
アルプスや八ヶ岳や富士山など360度の展望でした
同じ道をゆっくり下ります、景色を堪能した山歩きでした