(つばくろだけ)(2763m)
2011年 10月 6日〜7日( 行きは
6時間 10分&帰りは3時間50分 ) 
                              霧と晴れ 時々曇り 4名

一緒に北アルプスにいきたいねぇと話していた友人と4人で、燕岳に行きました
当日の朝まで雨が残るという予報でしたが、どうにか止んで
最初は霧の中でしたが、元気に登ってこれました

歩絵夢より1000メートルも高い地では、もう初冬でした

歩絵夢からちょうど2時間で中房温泉の駐車場に着きました
これから標高差1300メートルにチャレンジで〜す
霧が出ているけれど朝日が差し込む中、登り始めます
最初から登り坂が続きますが、気心知れた4人なので、ゆっくりペースで安心です
頂上まで、40〜50分ほど間隔くらいに休憩所があります
かわいい道祖神もありました
クマザサが生い茂る道を歩きます
2番目の休憩所に着きました
気温は10度位ですが、みんな汗びっしょりです
燕岳特有の花崗岩の白っぽい道が見えてきました
3番目の休憩所にやっと着きました、誰かさんの髪の毛も汗でびっしょりです
でも、カメラを向けると余裕の笑・顔♪
4番目の休憩所の富士見ベンチです
次の休憩所でお昼ゴハンに決めたら、途端に元気が出てきました
ナナカマドの赤い実が多く見えます
やった〜、あと3分でお昼ゴハンだ!
5番目の休憩所の合戦小屋です
夏はスイカ売りが名物です、ナナカマドの大きい赤い実があってキレイでした
周りの山々が見えてきました、霧が立ち上り幻想的です
北アルプスの連なりが見えて、空も高く感じます
白樺の枝の曲がり具合で、冬の厳しさを感じます
燕岳の山並みが見えてきました
2600メートル付近の木々の葉は霜枯れしていました
燕山荘が見えてきました、目標が見えるとうれしくなります
急な坂じゃないけれど、もぅ足が疲れてるので、ゆっ〜くり登ります
もう気持ちの余裕が出ちゃって、座り込んでおしゃべりです
それでも燕山荘に到着です、元気に1番乗り〜
ヤレヤレこの階段を登れば、靴が脱げるのだぁ
アタシは2回目の燕岳です、また来れてウレシイ〜
着いてすぐに2時間、ぐぅぐぅ昼寝をしました〜
薄暗くなったので夕日を見に出てみました、5時38分くらいです
それから夕ご飯です、今日はハンバーグでした
7時にオーナーの登山の話とアルプホルン演奏などを聞きました
その後、コーヒーとケーキを食べて、トランプをして就寝です
朝日は5時30分過ぎというので、5時起きです
夜に積雪があり、辺りは真っ白でした、気温は−4度です
雲がかかっていましたが、赤い点がだんだん丸くなりました・・・朝日なんて久し振りです
朝ゴハンのあと、また山の景色を見に出ました
槍ヶ岳のてっぺん、見れるかな〜?
あっ、やっとてっぺんがチラリと見えました
青空は見えるけれど、山の頂上付近は雲がかかってます
さぁ、燕岳頂上に出掛けます、レインコートもしっかり着込んで出発です
往復1時間くらいです
雪は降ったばかりなので、凍ってもなく滑りませんでした
この奇岩、独特の山容です
頂上付近は、階段になっていました
頂上です、燕岳がくっきり見えてよかった
鳥になったような気分で(手ぶらで登ったから身軽なこと!)、
あの先の山荘まで戻りま〜す
山荘の周りをちょっと散策して、下山の用意をします
晴れ間と曇りの中、のんびり下山をします
有明温泉に入り、おいしいお蕎麦を食べて、かえって太ったような気がする山行きでした