志賀高原( 前山リフト〜渋池〜四十八池〜大沼池)
2010年 10月 18日(5
時間  休憩1時間込み ) 晴れ  4名

 志賀山(2035m)周辺の紅葉はやや終わりかけでしたが、ヒンヤリした秋風に吹かれながら、冬支度を始めた高原をのんびり歩きました

 今回の目的は88歳のおじいちゃんとハイキングすることでしたので、四十八池までのなだらかな坂はちょうどいいコースでした 
(おじいちゃんはそこの休憩所で待ってもらい、3人で大沼池まで行って来ました)

R292を走り、琵琶池あたりから広い高原が始まります
蓼科高原よりもなだらかな山が多く、白樺林が多いので新鮮です
熊の湯で車を置き、前山リフトに乗ります
おじいちゃんは8年振りくらいのハイキングで、期待
と不安の表情です
前山湿原を5分ほど歩くと渋池に到着
平らな道なので、おじいちゃんも順調で〜す
広い道に落ち葉が敷き詰められています
わんちゃんとも一緒に歩けるようです
1時間20分ほどで四十八池に到着
ゆっくり休みながらでしたが、おじいちゃんも来れたのがうれしい
歩きやすい木板の道で、四十八池を横切ります
鳥居の背後に志賀山があります
10分ほど下ると、志賀高原の中で一番大きな大沼池が 眼下に見えてきました
急な下り階段を800段ほど降りて(オーナーが数えたので怪しいかな・・)
林の隙間からエメラルド色の池がもう真近です
ススキがゆれて、落ち葉が広がる大沼池です
池の周りは人も少なく静かでした
おじいちゃんが四十八池で待っているので、早々とUターンです
四十八池でゆっくりお昼ごはんを食べてるうちに気温が下がりました
暖かく着込んで、リフトの時間に間に合うように戻ります
500mおきくらいに熊除け用の鐘が置いてあります
空が澄んでます
蓼科のクマザサとは違う種類だそうです
春には
柔らかくておいしいネマガリタケが沢山出てくるそうです
車に着いてR292を走り、もうもうと湯気の出ている平床大噴泉を見ました
道にも湯気が出ていて、強烈な硫黄の匂いがしました


あちこちに
温泉が出てるはずです、私達ものんびり温泉に浸かって帰りました