蓼科の四季
写真をクリックすると、大きくなります

2005年 庭に咲いた花を紹介します
 

”きんぽうげ”
6月23日、高原の花らしい、清楚でかわいい花です、家のまわりに

”アマドコロ”
6月23日、日陰にひっそり咲きます、葉っぱの影にかくれるように
”ヤマボウシ”
6月23日、山の花ですが、今年は蓼科じゅう花盛りでした
”ルピナス”
6月23日、色の種類が多いので、混ぜるとよりきれいです
 
”のこぎり草”
6月22日、葉も柔らかく、きれいな色です
”フデリンドウ”
6月22日、うっかりすると、踏んでしまいそうです
”マーガレット”
6月22日、5月下旬から、7月まで高原にいっぱい咲きます
”レンゲツツジ”
6月22日、今年は
今が満開です、車山はあざやか一杯
”ノースポール”
6月22日、Gwからずっと咲き続けてくれます、耐寒性あり
”ぼけ”
6月10日、庭の端っこにひっそり咲いてます
”ミヤマツツジ”
6月10日、雪のたまり場なので、大きくなりません
”ウツボ草”
6月10日、花をおひたしにしたり、天プラにしたり・・・
”アヤメ”
6月10日、上から見ると、ランのようです
”アヤメ”
6月10日、株が少しづつ増えてきました

”すずらん”
6月3日、やっと一輪咲きました、これからです

”ひとり静”
6月3日、これも一輪めです。木陰にひっそりと
”おだまき”
6月3日、園芸用なので、色あざやか、2年目です
”おだまき”
6月3日、これも園芸用。黄色の株はまだ蕾
”九輪草”
6月3日、日当たりのいいところだけ株は小さめです
”コナシ”
6月3日、庭にはあまり植えない木だそうですが、2年目で咲いてくれました
”ライラック”
6月3日、葉っぱが出たと同時に咲きました。濃い色のは、まだ蕾です
"ブルーベリー”
6月3日去年植えて花を初めて見ました。今年、実が付いてくれるでしょうか?
”しろばなえんれいそう” 6月3日、
日陰でも株がどんどん増えてます
”忘れな草”
6月3日、ピンクもありますが、なぜか青ばかり増えてます
”デイジー”
5月25日、毎年咲いてくれます
"カキドオシ”
5月25日、垣根通しがつまり、この名がついたそうです
”さくら草”
5月25日、白や、黄色は既に終わり、赤だけ今頃咲いてます
”スミレ”
5月25日、薄紫は、庭中咲いていますが、これは珍しい
”チューリップ”
5月25日、GWの後から咲き始めて
そろそろ終わり
”ビオラ”
5月17日、寒さに強く、色鮮やかで、高原にも映えます
”ジューンベリー”
5月17日、葉も出ないうちに可憐な花が、咲きました
”行者ニンニク”
5月17日、いつの間にか??何輪か咲いてます
”ゼラニューム”
5月17日、5年目くらいの株です。1年中咲いてくれます
”芝桜”
5月17日、2年目です。ピンク、薄紫と色とりどり

春は柔らかな心地よい風に包まれて

ピラタススキー場より中央アルプスを望む

若芽に包まれた
南八ヶ岳

ビーナスラインの名前は蓼科山から

何とも懐かしい道

北海道?

蓼科周辺の花を順にご紹介します。ごく一部の限られた場所にだけ自生している花もあります
詳しい場所をお教えしますし、ご案内もしています。お気軽にどうぞ。

”ざぜんそう”
4月8日、南平台に雪解けを待って一番に顔を見せます

”諏訪湖の桜”
4月19日、桜並木ただ今満開です

”水仙”
4月21日、上川河川敷に黄色のじゅうたんのようです

”カタクリ”
4月21日、限られた地区に自生します。可憐な花です

”高島城の桜”
4月21日、城内の庭園に、しだれ桜、八重桜なども

                                                        信州の花便りという四季の花が見れるページです

2006年、毎朝、エサを食べにきたリス君です・・・たくさん食べに、いつでもおいで!

2005年 7月以降に咲いた花を紹介します
 
”ヤマハハコ”
7月31日、綿毛をまとったようです、ドライフラワーにしても可憐です
”シキンカラマツ”
7月31日、カラマツソウの葉にとても似てますが、花は全然違います
”シロツメクサ”
7月31日、丸い形といい、小さな花瓶に入れて、楽しんでます
”コスモス”
7月31日、今年はキバナ、アカバナ、色とりどりをそろえました
 
”ラップイヤー”
7月22日、日陰では咲きませんでした、柔らかな産毛をつけてるよう
”ラベンダー”
7月22日、やっと咲きました、何度も植えて、やっと根付いてくれたよう
"ナスタチューム”
7月31日、日当たりのいいところに、20株ほど咲き始めました
”オオバギボシ”
7月31日、ペンション玄関の周りに、3ヶ所ほど、どれも咲いてます
”ヤマアジサイ”
7月31日、ビーナスラインに、たくさん咲いて、よく見えますよ
”エーデルワイス”
7月20日、柔らかな色の葉や花です、小さくてひっそりと咲きます
”シモツケソウ”
7月20日、ただ今30輪ほどが、咲き競っております
”夏萩”
7月20日、よく見ると、小さな赤い花をつけます、初めて咲きました
”ヒャクニチソウ”
7月22日、1輪目です
これから次々と、30ほどが咲きます・・楽しみ
”クガイソウ”
7月22日、花がもうすぐ咲きそうです、散歩道にも見かけます

”キツリフネソウ”
7月12日、裏庭に葉っぱの下に、ぶら下がるように、咲きます

”ミヤマカラマツソウ”
7月12日、裏庭に、背高のっぽで咲きます、
可憐な花びらです

”ダイアーズカモミール”7月12日、白いカモミールとは全然見た目が違います "”しゃくなげ”
7月12日、今年は珍しく、花を10輪ほど、咲かせてくれました
”ナデシコ”
7月12日、初めて種から、咲いてくれました

夏の蓼科はヤナギランがシンボルフラワー。そのヤナギランが、ロープウェイ周辺で、根絶状態とのこと・・・04年、鹿が増えすぎて、花の芽を摘まれたようです。
     

05年7月12日、中央高原から雨上がりの八ヶ岳を望む、ジャガイモの花、満開です

05年7月12日、ヤナギラン、ゆりの里にて

     

05年7月12日、中央高原のラベンダー園です、株が大きい

05年7月12日、黄色コスモス、ゆりの里にて

05年7月12日、デルフィニウム、ゆりの里にて

05年7月12日、トラノオ、ゆりの里にて

05年7月12日、ホタルブクロ、ゆりの里にて

04年7月8日車山高原ニッコウキスゲです 04年7月20日庭のホタルブクロです。ひときわ大きくてビックリ お客様の中野さんより頂きました。八島湿原のコオニユリ またまたお客様の中野さんから・・・。八ヶ岳に沈む夕日です 原村から見た八ヶ岳のどかな畑と農道の先は、登山口です

2005年、遅めに紅葉が始まりましたが、鮮やかな色合いを、長〜く楽しめましたよ。

10月24日、R299号線麦草峠途中の景色です、車で30分位

10月24日、落葉と、紅葉している木のコントラストがきれいでした 10月24日、車で20分ほど下って、八ヶ岳を望みます 11月16日、うっすらと初雪が降りました、紅葉のもみじと、きれいなコントラストです 11月22日、ピラタスの丘から御岳を望みます、北アルプスの山々はすっかり雪景色です
10月12日、白駒池周辺です、ナナカマドの木が多く、どれも赤い実が、たわわです 10月12日、白駒池周辺の、紅葉の様子です秋晴れの日は、空の青さが、際立ちます 10月23日、ピラタスの丘周辺の夕焼けです
毎日、色が変わるのも不思議です・・・
10月23日、ピラタスの丘周辺から見た、北アルプスの山々です 10月24日、R299号線で、麦草峠を走りました、白樺の白い幹が際立ちます
2004年、八ヶ岳は青い空と赤いナナカマドの紅葉が映え、唐松の紅葉は油絵の世界です。

 
諏訪地方にも、りんご園があります。フジが色づき始め 、姫りんごの赤があざやか 10月1日久し振りの好天気に誘われ、クリ、ドングリ野ばら、やまぶどうなどを拾いに・・ 陽が短くなりました。蓼科湖の湖面がきれいでした。黄花コスモスが満開です 10月12日、山を散歩すると、あちこちにきのこが、見えます・・・おいしそうなほど、毒きのこ?  

尖石考古館の周りは、小さな森のよう。縄文時代の住居跡もゆっくり散歩できます 10月24日、掃いた落ち葉で、焼き芋を作りました。2時間かけた味は、もう格別 諏訪湖のほとりを散歩していて、出会った銀杏の 実が、こんなにたわわです

11月、白樺の葉がすっかり落ちて、カラマツの黄色だけの、シンプル な秋らしさです

11月1日雨上がりの女神湖です。歩いて、1時間位。ワンちゃん連れても大丈夫

2006年、 ますます内容を吟味したコースで、テレマーク、スノーシューを案内しますよ!!
     

11月21日、オープンを、5日後に控えて、スキー場も雪作りに追われています

12月22日、 八子ヶ峰を歩いていたら、雪化粧した枝がありました

 

 

 

2005年、今年も北八ヶ岳のあちこちに、スキーや、テレマークや、スノーシューでご案内します

1月5日、八子ヶ峰より南アルプスを望む眼下は、茅野市内 

 1月8日、今シーズン初めての大雪の日  八子ヶ峰の頂上で

1月8日、八子ヶ峰から八ヶ岳を望む

1月15日木々に付いた、真綿のような雪

1月27日ロープウェイを降りて、滑り始める

 2004年、ロープウェイで、樹氷を見に行こう!冬の晴天率国内NO1、冬こそ自由に遊ぼう。

この次は貴方です!

Shall Weテレマーク!

誰でも楽しい
スノーシュー

鹿の食事あとは豪快です

冬のピラタスはカモシカの世界